今日も酔り道

凡人けんちゃそのブログにするまでもない日々

ついつい買っちゃう猫の本

f:id:kenchaso6:20210322170216j:plain

僕は読みたい本はだいたい図書館ですませてしまうのだが(安上がりだし本は場所をとるので)手元に置いておきたいと思う本は買うようにしている。

それは村上春樹と村上龍の新刊である。

Wムカラミの本は僕にとってバイブルのようなものなので、二人の小説はとりあえず買う。

それと、猫に関する本だ。

 

猫に関する本は世の中にたくさんある。

たくさんあるけれど、どれもこれも欲しくなるわけじゃない。

癒しを目的とした子猫の写真集なんかはあざとすぎてむしろ嫌いだ。

猫そのものをただ本に印刷しただけの本は、読みものとして機能していないんじゃないかと僕は思う。

読みものとしてちゃんと読みたいと感じるもの、装丁がよいもの、本棚に並べておきたいものが僕の欲しくなる本としての基準である。

というわけで僕が一年かけてコツコツと集めてきた猫本を本日はご紹介します。

 

f:id:kenchaso6:20210322172725j:plain

猫ごよみ365日 / 中西なちお

今日はニャンの日?

365日のこよみを、猫たちの楽しいイラストと一緒に辿る本。

もう中身をアップしたいほど、この本はとてもかわいい。

眺めているだけでシアワセになれる一冊。装丁もすごくいい。

Amazonのページでチラッと中身が見れるので是非。

最高です。

 

f:id:kenchaso6:20210322173148j:plain

猫は、うれしかったことしか覚えていない / 石黒 由紀子、ミロコ マチコ(イラスト)

このタイトルの本を手元に置いておけるという底抜けのシアワセ…。

ジャケットのイラストも最高。

中も表紙に負けじとかわいいイラストが山盛り。

猫にまつわるエッセイは毎日ちょっとずつ読むのにいいカンジ。

 

f:id:kenchaso6:20210322173636j:plain

家ねこ大全285 / 藤井康一

これさえあれば猫のことはオールオッケー◎

猫の習性からだれもが気になる健康管理の注意点、老い猫との過ごし方など、猫が快適に過ごすためのアドバイスがたっぷり285項目!

尻尾やお腹はあんまり触っちゃいけないの、知ってた?

愛猫のことをもっと理解するための一冊。

猫を飼っているひとも、これから猫を飼うひとも読んで欲しい本。

プレゼントとかにもいいと思う。

 

猫を飼ってるひとあるあるなんだけど、本でもなんでもちがう猫に触れると我が家の猫が一層愛しくなる不思議…。

当然、僕も頭に浮かぶのは愛しの坊っちゃんのことばかり。

f:id:kenchaso6:20210322175152j:plain

1月からずっとつけていたエリザベスカラーもようやくはずれました。

坊っちゃんがんばりました。

エライ!

気温もずいぶんと過ごしやすくなってきたし、体調も安定しているようでひと安心。

f:id:kenchaso6:20210322175641j:plain

末長く元気でいてくれますように、長い時間を一緒に過ごせますように。

坊っちゃんがリラックスした時間を我が家でたっぷりと過ごしてくれますように…。

猫、さいこう。