今日も酔り道

凡人けんちゃそのブログにするまでもない日々

大阪ひとり旅 PART.3 〜通天閣漂流篇〜

大阪ひとり旅 PART.1 〜天王寺発動篇〜 - 今日も酔り道

大阪ひとり旅 PART.2 〜西成暴動篇〜 - 今日も酔り道

 

前回のつづき。

 

f:id:kenchaso6:20201005160843j:plain

次の目的地へと千鳥足を向けながら猫をみてほっこり。

 

f:id:kenchaso6:20201005161037j:plain

西成を抜け動物園前駅を通り過ぎ新世界へのワープゾーンへ……。

f:id:kenchaso6:20201005160925j:plain

ジャンジャン町に無事着弾。

このレトロなフォントの看板が既に最高。 f:id:kenchaso6:20201005161911j:plain

 

大阪に住んでたくせして一度も来たことがないのでキョロつくけんちゃそ…。

f:id:kenchaso6:20201005162546j:plain

一本道なのであっという間に目的のお店を発見。

f:id:kenchaso6:20201005162615j:plain

9/29(火) てんぐ@新世界

本日の三軒目。

これやがなー!

新世界でどうしても串カツが食べたかったので開いてて嬉しい。

この飾りっ気のない外観と暖簾が超最高。

さっきビール飲んだけどまたビールが飲みたくなるいい面構えしてやがる。

「だるま」もいいけどこういうのがいいんだよ、こういうのが。

はやる喉をグッと抑え入店し空席多数でカウンターへ。

f:id:kenchaso6:20201005163951j:plain

ここに来ればどて焼きははずせない。

スピードメニューであっという間に出てくるくせにこいつが激ウマ。

甘めの味噌味が濃厚で、牛すじトロトロなのに食べ応えあって嫌でもビールが進む…。

これ一本100円てほんまでっか??

もつ焼きもええけどどて焼きもめっちゃええやん系。

これぞ浪速のソウルフードよ。

f:id:kenchaso6:20201005164657j:plain

串カツは左から玉子、タコ、レンコン。

(我ながら完璧なチョイス!)

うずらかと思ったらゆで玉子丸々一個揚がってて笑いました。

タコもレンコンもソースつけてほおばったら思わず微笑みじゃんけんポン。

衣がいつも食べてるザクザクな感じじゃなくて昔の天ぷらみたいな、ちょっとフヤッとした感じでこれがめちゃくちゃうまい。

おやつ感覚で食べてるとなんだか嬉しくなってくる。

もうずっと飲んでいられる名酒場に間違い無いのだが、次もあるのでてんぐ様に見送られながらジャンジャン町を後にしたのである。

(ここは絶対また来たい) 

 

f:id:kenchaso6:20201005170046j:plain

ジャンジャン町を抜けたらもうそこは新世界・通天閣のお膝元。

報道されてた通り「つぼらや」のフグいなくなってて寂しい…。

コロナ禍のせいなのか、いくら火曜日といえども人通りが少なくて驚いた。

f:id:kenchaso6:20201005170241j:plain

「マスクの下は笑顔で!」

まいどおおきに通天閣。

大阪生まれでも府民でもないのに通天閣を見て落ち着くのは何故なのか。

観光客が戻って活気のある新世界が早く見たい…。

腹ちゃん先輩にディープスポットである「かっこいい老紳士がいる喫茶店」や「ハッテン場の銭湯」を案内してもらいながら新世界散歩。

ちょいと酔いも醒めたところで次のお目当のお店へ。

f:id:kenchaso6:20201005172457j:plain

9/29(火) 今藤@新世界

本日の四軒目。

見てくれの通りちょっとくたびれた店内はカウンターのみで居心地よし。

カウンターには店主さんの娘らしき小学生の女の子が常連さんに見守られながら宿題をしており、「リアルじゃりン子チエ」の世界で感動。

真面目に酒を飲んでたらいいことあるなぁ。

(丸藤のチエ、落ちたリボンを拾ってくれたり元気に挨拶してくれたりとめちゃんこいい子)

 

僕は引き続き瓶ビール、腹ちゃん先輩は泡盛ロック(写真はない)。

四軒行ったあたりからハシゴ酒は楽しくなってくるのだ。

f:id:kenchaso6:20201005172951j:plain

たしか400円くらいだった生センマイ。

辛口の味噌ダレがうまい!

久しぶりにセンマイ食べたけどやっぱりうまいな〜。

東京では気軽に食べれないイメージあるけどどうなんだろ?

f:id:kenchaso6:20201005173058j:plain

そして「丸藤」の名物と言ったらホルモンうどん。

ホルモンたっぷりなのにワンコイン(500円)なのが嬉しい。

部位はおそらくシマチョウ、フワ、レバー辺りだろうか…。

小ぶりなので〆にもぴったり。

f:id:kenchaso6:20201005173301j:plain

先に食わせんかい!

と横取りするけんちゃそ。

ひとまずお出汁を…。

ズズズ〜

f:id:kenchaso6:20201005173523j:plain

カーーーーーーーー!こいつは効くぜ!

ホルモンの旨味たっぷり溶け込んだスープが強烈で腹にも鼻にもガツンとくる。

ツウにはたまらん一杯だが、ホルモンが駄目な人は食えないだろうな…。

もちろん僕は大好物なわけでありますよ。

うどんすすってホルモン食って、お出汁を飲んでビールを飲む。

 

こんな濃厚なホルモンを気軽に食わせてくれるとは、なんと西成含め新世界界隈はよき酒場町なのだろうか…。

日本の酒都(しゅと)は京成立石で揺るぎないが、日本の酒府(しゅふ)は新世界に認定したいと思います。

f:id:kenchaso6:20201005174234j:plain

よく冷えた三ツ矢サイダーをデザート代わりに一気飲み。

酒ばっか飲んだ後だとめちゃくちゃうまい…。

水よりお茶よりポカリより、冷えた三ツ矢サイダーでしゃっきりポン!

これ酒場休憩にもぴったりなのでオヌヌメ。

 

西成からの新世界四軒ハシゴは実に最高でございました。

まだまだ知らない名店が日本にはたくさんある…。

今日出会えた素晴らしい酒場に感謝を込めながら「丸藤」を後にした二人…が、これで終わりではない。

初日はまだつづく。

ここからは腹ちゃん先輩のアテンドで天王寺駅まで歩き、御堂筋線に乗ってなんば駅へ。

f:id:kenchaso6:20201006121029j:plain

9/29(火) 味園ユニバースビル@難波

このビルの外観めっちゃいい感じだったのに酔っ払ってて写真撮るの忘れてました。

ここの最上階のライブハウス行ったことあったかな?

ちょいとバブリーな内装もSo Good。

f:id:kenchaso6:20201006121151j:plain

人気の少ない通路に個性ありまくりなバーが詰め込まれておりめっちゃドープネス。

ノーマルな店が一軒も見当たらないのがすごい…。

壁に貼られたポスターはサブカル臭がすごくて最高。

見て回るだけで楽しめる。

f:id:kenchaso6:20201006121511j:plain

 9/29(火)深夜喫茶 銭ゲバ@難波

本日の五軒目。

もう店名からして最高でしょ。

名前は知ってたけど来たことなかったよシリーズ。

こちらも来てみたかったので嬉しい…。

BGMにドイツメイドのアングラなノイズミュージックがかかっており雰囲気一億点。

間接照明で照らされた店内は雑貨やら何やでごっちゃごちゃ(大好物)

この日は静かやったけど賑わってる時はどんだけカオスになるのかしら?

溜まって飲んで遊べる場所って今のご時世厳しいんだろうけど、夜遊びはやっぱり楽しい。

偏見やけどお客さんに人里に下りてきちゃダメな人いっぱいいそう。

これぞ大阪ディープスポットで大満足。

f:id:kenchaso6:20201006122008j:plain

 9/29(火)BAR ニューコンコルド@難波

本日の六軒目。

アンティークな雑貨がいっぱい。

f:id:kenchaso6:20201006123051j:plain

僕には似つかわしくないフェミニンな場所だ…。

f:id:kenchaso6:20201006123119j:plain

ここはカクテルがメインなようなので僕はホワイトルシアン、腹ちゃんはアップルハイボール(だったかな?)を最後の一杯としてそれぞれ注文。

f:id:kenchaso6:20201006123214j:plain

僕だけめっちゃ異質やん的な写真。

味園ユニバースビルは腹ちゃん先輩のホームグラウンドみたいな所だったので、アテンドしてもらってとても楽しかった。

このビルはもっと楽しめそうなので早くもまた行きたい。

何度も言うが気軽に行ける人が羨ましいぞ。

コロナの影響が一番強い業種だと思うけど早く夜の街にお客さん戻ってきたらいいね…。

 

これにて腹ちゃん先輩との合宿は終わりを迎え、本日は六軒でお開き。

大阪の濃くて深いところだけを煮詰めたような西成からの味園ユニバースビルへのはしご酒、優勝の勝でございます。

 

この後僕はホテルをとった環状線・福島駅へ。

学生時代にアルバイトしてたお店の人たちと久しぶりに飲みに行き、ハイボールしこたま飲んで帰りました。

ラーメン行きたかったけどさすがにそんな余裕はなかった…。

そして夜はふけるのであった。

 

PART4. 〜京橋接触篇〜につづく