今日も酔り道

凡人けんちゃそのブログにするまでもない日々

PS4「Ghost of Tsuhima」がとてもおもしろい

 7/17に発売されたばかりの「Ghost of Tsushima」がとてもおもしろい。

 

遊び始めて数日。

発表された時から期待はしてたけど、期待を遥かに超えておもしろい。

おまけにCEROによる過剰な規制なし!ヤッター!

SONYの「規制なし」報道が信じられなくて買うの躊躇して本当ゴメン。

舞台は中世の日本。

オープンワールドで再現された長崎県・対馬を主人公である武士となって駆け巡るんだが。

もう写真で分かる通り、雰囲気はさながら時代劇。

 最近遊んだゲームが「OUTER WORLD」からの「Zombie Army 4:Dead War」、「The Last of Us part II」とポストアポカリプスもので且つシューティングゲームに偏っていたこともあり、めちゃくちゃ新鮮に遊べているのだ。

 時代劇といえばチャンバラなわけだが、このチャンバラがいかんせん楽しい。

「一騎討ちモード」とかいう男100%の仕様が憎い……。

難しいけど楽しい。

すぐ死ぬけどとても楽しい。

真正面から立ち向かわなくても「闇討ち」というサイレントキルが可能だったり、弓矢や投げ道具もあり割とプレイスタイルは柔軟なのだが、ここはやはり一端の武士。

正々堂々と挑むのが武士道というもの。

今のところは刀オンリーで戦うようにしているでござる。

映像の作り込みも細部まで丁寧で本当に素晴らしい。

刀を鞘に納める時の血を振り払う作動がいちいち好きすぎて毎回やる。

毎回キマる……かっこいい。

マップの至る所で風が吹いているんだが、この風が没入感を高めて本当に素晴らしい。

ピュ〜〜と鳴いて風が吹き、草木は揺れ、落ち葉は飛んでいく……。

世界観を尊重するような控えめなBGM。

聞こえるのは囁くようなそよ風の音……。

なんと美しいゲームか。

そして極め付けは現行最新機で超グラで遊べるのにも関わらず、あえての白黒で遊べる「黒澤モード」であろう。

日本、いや世界においての巨匠である故・黒澤明監督の名を冠したこのモード。

 画面にノイズが走り、音声はこもって聞こえるクラシカルなスタイル。

白黒になるだけには止まらない、尋常なまでのこだわり。

ゲームなのに「用心棒」や「七人の侍」そのものである。

映画ファンとしてこの機能はたまらん(当然「黒澤モード」でプレイしてる)

システムばかり触れたが、ストーリーも実に男心をくすぐって大変によろしい。

武士の精神を学び鍛錬してきた主人公が、自分の大切なモノを守る為に教えに背き、修羅の道に堕ちて敵・蒙古と対決する……という、文字にするだけで胸がアツクなるもの。

王道のストーリーであり、ちょっと厨二病ぽいのが実にいい。

www.famitsu.com

この超和風ゲームを作り上げたのがアメリカのスタジオだというのが末恐ろしい……。

何がすごいって「外国人が思い浮かべる日本ぽい風景感」をあまり感じさせないのが一番すごい。

時代劇としてまったくの違和感なし。

どうなっとんねんSucker Punch Productions。

まだ序盤やけど早く続編作ってくれ!!

 

と熱く語ったが「Ghost of Tsuhima」とても楽しいです 。

丁寧に作られたものは触っていてとても居心地が良い。

探索はオープンワールドゲームの醍醐味でもあるので、メインクエストそっちのけで散策や蒙古との一騎討ち、サブクエストに明け暮れる日々。

(サブクエストに「浮世草」と名付けるセンスが憎すぎ)

操作方法も慣れてくるとその複雑さも楽しい。

ロードも高速で超快適。

「The Last of Us part II」がめちゃくちゃ精神を削られるゲームだった分、純粋に楽しめる感じがとてもいいのであった。

 

ゲームが趣味でよかった〜!と感激できる一本。

ゲームが趣味じゃないやつも買ってくれ。

良いものとの出会いはそれがゲームであれ、生活や心、人生を豊にしてくれるでござる。

対馬の世界にどっぷり浸かり、武士道を極めたく候。

 

最後まで書いたブログを間違えて消してしまったので、イチから書き直した自分を褒めてあげたい……。

【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)

【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)

  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: Video Game